サイト名

このサイトは、夫婦で登った山のGPS記録で綴る登山日記です。

トップ > 日記メニュー > 武尊山

2004.07.18(日)
武尊山(2158.3m)

群馬県の北部に位置する武尊山は、日本武尊(ヤマトタケルノミコト)の東征伝説の残る山で、日本武尊が水垢離(みそぎ=神仏に祈願する前に水を浴びて身を清め、穢れを取り除いて心身を清浄にする事)をしたといわれる「裏見の滝」も近くにありました。
今日はその裏見の滝の駐車場からの出発です。
前日の雨でタカオドシ沢が増水しており、靴を脱ぎ渡りました。7月でも沢の水は冷たかったです。
帰路には沖武尊から手小屋沢避難小屋へのコースを選らんだのですが、小さな羽虫に悩まされました。手で掃っても掃っても目・耳・口・鼻と顔中攻撃してくるのには、閉口しました。「行者ころげ」の難所よりもきつかったです。
武尊山へは虫対策も忘れずに!!


裏見の滝駐車場

武尊神社の鳥居前

前日、雨が降り、沢が増水

分岐を右 武尊山へ

急斜面をもくもくと登る

険しい山道だ!

サンカヨウの実

ギンリョウソウ

ミヤマシャジン

ウスユキソウ

剣ガ峰分岐から剣ガ峰を望む

霧がでて幻想の世界!

霧の中、武尊山に向かって前進

もうすぐ頂上だ!

武尊山山頂(2185m)沖武尊

御岳山大神と刻まれた石

武尊山山頂がかすかに見えます

しばらくは 滝にこもるや 夏の初め  奥の細道の松尾芭蕉も眺めたという、裏見の滝

2004.07.18
  • メンバー
    夫婦

コースタイム

  • 武尊神社
    7:10
  •   1.7km
  • 須原尾根分岐
    8:03
  •   3.0km
  • 剣ガ峰分岐
    10:58
  •   1.6km
  • 武尊山
    13:04
  •   1.7km
  • 手小屋沢避難小屋
    14:44
  •   3.1km
  • 武尊神社
    16:10
  • 歩行距離
    11.1km
  • 行動時間
    5時間30分

ほかの参考サイト

アーカイブス

ページのトップへ戻る