石老山せきろうざん (694.3m)

石老山は、神奈川県相模原市の相模湖の南に位置する700mにも満たない山(三角点地点694.3m、山頂地点702.8m)です。中腹には、平安時代に建立されたと伝えられる顕鏡寺があり、登山道の周辺には、石老礫岩が長年の風化で造りだした、数々の伝承をもつ奇岩や巨岩もあります。登山道は東海自然歩道にもなっています。

国道412号の相模湖リゾート・プレジャーフォレスト(旧相模湖ピクニックランド)近くに建つ、石老山の立派な看板を目安に左折。相模湖病院の駐車場の脇に数台分ある、登山者・参拝者用駐車場を利用、顕鏡寺への表参道ともなっている登山道で石老山を目指します。

(画像はクリックで拡大します)
駐車場 病院横の階段を登り石老山へ 石老山の岩の歴史
歴史を感じる石畳 滝不動 杉林の中を進む

登山入口から顕鏡寺までの表参道の岩。

屏風岩(びょうぶいわ) 仁王岩(におういわ) 駒立岩(こまたていわ)
  • 屏風岩(びょうぶいわ)
    一見住居の屏風を思わせるところから屏風岩という。中央より左右に割れて並び、その間が通路になっているところから別名「切通し」ともいう。岩の大きさは、高さ約45m、横幅約7m。
  • 仁王岩(におういわ)
    平面に傾斜している巨岩と、右側に少し入ったところに直立した巨岩がある。左右相対して一対の岩となり、これを「仁王岩」または「阿呼岩(あうんいわ)」という。左側の巨岩は、高さ約9m、横幅約12.5m、右側の巨岩は、高さ約7m、横幅約9m。
  • 駒立岩(こまたていわ)
    山中最も有名な巨岩で、伝説も秘めている。石老山顕鏡寺建立の始まりで、京都高家の宮人三條殿の若君武庫郎(むこお)と八條殿の姫君が、今から一千年の昔、名馬にまたがり住居とする岩窟を探す時、この岩で休憩したといわれ、岩上には馬の蹄や寝た跡がある。岩の大きさは、高さ約11m、横幅約17m。

力試岩(ちからためしいわ) 文珠岩(もんじゅいわ) 岩窟(がんくつ)
  • 力試岩(ちからためしいわ)
    大きい岩の上に直立した小さい岩が「力試岩」である。昔、力持ちの人達が力試しをしたと伝えられている。大きい岩が「男岩」で周囲約3.5m、高さ約1.6m、小さい岩が「女岩」で、周囲約2m、高さ約1.6m。
  • 文珠岩(もんじゅいわ)
    大きな岩を「文珠岩」といい、岩のように重い罪も文珠の知恵はこれを救うといわれて、参拝者はこの岩肌にさわってあやかるのである。岩の大きさは高さ約12m、横幅約17m。
  • 岩窟(がんくつ)
    「道志(どうし)法師」、「源海(げんかい)法師」が住居とし、これを道志岩窟という。岩窟の中に「福一満虚空蔵尊(ふくいちまんこくうぞうそん)」が安置されており、顕鏡寺の寺宝とされている。顕鏡寺で行う小児虫留加持(しょうじむしとめかじ)はこの虚空蔵尊の霊験といわれている。岩の大きさは、高さ約7m、横幅約12mで、岩窟の中は奥行約5m、横幅約5m、高さ約2m。

<< 顕鏡寺(けんきょうじ) >>
平安時代の仁寿元年(851年)に源海法師によって創建されたという真言宗の古刹で、山号が石老山です。寺の縁起によれば、「平安のころ、高貴な身分の若君と姫君が恋に落ち、都を捨ててこの地に身を置き子をもうけた。その子が成長し、僧となって源海と号した」とあります。親子が住居した岩窟内には福一満虚空蔵尊が安置されており、寺の寺宝となっているそうです。
顕鏡寺
蛇木杉(樹齢400年) 顕鏡寺の風景 岩窟へ

顕鏡寺の鳥居をくぐると急な登山道になり、大きな桧林の中を進みます。八方岩付近は視界が開け、展望を楽しむことができます。また、その先の融合平見晴台からは相模湖と陣馬山が一望できます。

鳥居をくぐり石老山へ 八方岩からの眺望 登山道
シロヨメナ(白嫁菜) 融合平見晴台 見晴台より相模湖と陣馬山(中央)

顕鏡寺から石老山への登山道の奇岩。

蓮華岩(れんげいわ) 鏡岩(かがみいわ) 吉野岩(よしのいわ)
  • 蓮華岩(れんげいわ)
    「散蓮華(さんれんげ)」のような岩なので、蓮華岩といわれる。岩の大きさは、高さ約3.5m、横幅約8m。
  • 鏡岩(かがみいわ)
    平面が鏡のようであり、朝日を反射し光りを放つようであり「鏡岩」と名付けたといわれる。いわの大きさは、高さ約23.5m、横幅約18m。
  • 吉野岩(よしのいわ)
    登山者にかぶさるように突出しているこの岩を「吉野岩」という。別名「弁慶の力試岩」ともいわれ、中央に拳の跡が二つある。弁慶は強かった人かも知れないが、拳に似た石が抜け落ちてできたものではないかと思われる。岩の大きさは、高さ約11m、横幅約7m。

擁護岩(ようごいわ) 試岩(ためしいわ) 八方岩(はっぽういわ)
  • 擁護岩(ようごいわ)
    飯綱権現(いいづなごんげん)神社を覆いかぶさるように突出している岩が「擁護岩」で、別名「雷電岩(らいでんいわ)」ともいう。飯綱権現神社をかかえて守るため、擁護岩と名付けられたと思われる。この擁護岩は、石老山でもっとも大きい岩である。岩の大きさは、高さ約22m、横幅約19m。
  • 試岩(ためしいわ)
    大きな岩が半分に割れたのが、「大試岩」、横に割れて小さいのが「小試岩」である。昔、腕のたつ武士がこの山に登った時、鋭利な大小の刀でこの岩を試し切りしたと伝えられ、大刀で切ったのが大試岩、小刀で切ったのが小試岩という。岩の大きさは大試岩が高さ約3.5m、横幅約6m、小試岩が高さ約1.5m、横幅約4m。
  • 八方岩(はっぽういわ)
    山腹に突出した岩が「八方岩」で、この岩に登れば八方が見えるといわれているが、東南方面の眺望は雄大である。岩の大きさは高さ約9m、横幅約14m。

桧林の登山道 コウヤボウキ(高野箒) 登山道より雲取山(中央奥)
桧林の登山道 紅葉の始まり もうすぐ山頂

桧林の中を進むと開けた場所があり、そこからは雲取山が望めます。木の階段を登ると、まもなく山頂です。高塚山との稜線上にある山頂は、表示がないと通り過ぎてしまうかもしれないくらいですが、西側が少し開けており、どっしりとした大室山や蛭ヶ岳の展望が楽しめます。その後方には富士山も望めます。

石老山山頂(702.8m) 山頂より大室山富士山(右奥) 山頂より蛭ヶ岳(中央奥)

静かな山頂で丹沢の展望を楽しんだ後、大明神山や大明神展望台のあるルートへ下山します。

分岐を右へ下る 大明神山へ 大明神山山頂
大明神展望台 展望台より石老山 展望台より大室山、富士山(中央奥)

大明神展望台からは石老山や大室山、遠くに富士山が展望できます。そこからは、杉林の中を模湖休養村まで下り、車道歩きで石老山登山道入口を経由して駐車場まで戻ります。

リュウノウギク(竜脳菊) 静寂な苔岩と杉林 相模湖休養村を通過
山の上に相模湖リゾートの観覧車 石老山登山道入口 赤い石老橋を渡ると綺麗なトイレ有り

「石老山登山道入口」の看板は、国道412号沿いにとても目立って建っています。看板の側を通る度に、石老山に一度は登りたいと思っていました。標高は低い山ですが、楽しめる山でした。

データ
2014.10.29
夫婦
駐車場
0.7km

10:42

11:08

顕鏡寺
0.8km

 

11:47

融合平見晴台
1.2km

 

12:28

石老山
1.8km

12:39

13:27

大明神展望台
1.1km

 

14:05

相模湖休養村
1.8km

 

14:33

石老山登山道入口
1.0km

 

14:58

駐車場
歩行距離
8.4km
行動時間
4時間12分
ほかの参考サイト
アーカイブ
現在位置: ホーム登山日記メニュー > 石老山