乾徳山 けんとくさん (2031m)

乾徳山は、甲斐の武将,武田信玄の菩提寺、恵林寺を開いた僧夢窓国師が修行した山です。
どの山や道もそうですが、いにしえの人も歩いたのかと思うと感慨深いものがあります(この登山道が修行の道であったかどうかは判りませんが)。
乾徳山は登山者が多かった時もあったらしいですが、今は交通の便が悪いせいか静かな山でした。電車を利用して塩山駅からタクシーで登山口まで来たという人に出会いました。
ススキの草原と富士山の姿がとても美しく印象に残る山でした。

(画像はクリックで拡大します)

徳和からの林道にある乾徳山登山口

乾徳山登山口にある案内図

乾徳山登山口からオソバ沢沿いを登ります

新しい熊注意の看板
登り初めてすぐに熊出没注意。今年は木の実等の食べ物は充分にあるのでしょうか?熊の為に心配してしまいました。しかしながら私達も熊には会いたくないので、人気のない所では鈴を付けて歩きます。

登り始めて30分くらいの所にある銀晶水

銀晶水は古木を伝わるように雫が流れています

気持ちのいいミズナラの林が続く

名水といわれている錦晶水

国師ケ原から乾徳山

右は太平牧場へ左は高原ヒュッテ避難小屋へ
真ん中が扇平への分岐です

月見岩。ススキの原の中、すぐ前に乾徳山
南には富士山を眺めながらの月見は最高でしょう

富士山の姿が美しい扇平

扇平からの乾徳山。山頂はもう少し向こう側です。
右は道満尾根からの道

ナンタイブシ

ホソバトリカブト

富士山と左に大菩薩嶺

大きい岩(念仏岩?)の向うに富士山が・・・

岩の割れ目を渡り、ハシゴを下る
険しい道が続く

スリリングな天狗岩を、鎖を頼りに登りきると山頂です(岩の右に巻き道もあるらしい)

上から見た天狗岩

イワインチン

マツムシソウ

乾徳山山頂(2031m)

乾徳山山頂にて

乾徳山山頂から南アルプス(中央付近には、北岳や間ノ岳)

色づき始めた山々の向うに金峰山の五丈岩が
存在をアピールしています

山頂の北側の急な岩場を下山

左は迂回新道を国師ケ原へ
中央は黒金山への分岐点

迂回新道の苔

白樺の向うに高原ヒュッテ避難小屋
この山に降る雨や雪解け水を深く沈めて、徳和川や笛吹川を潤しているのでしょう。自然はすごい!!
データ
2005.10.01
夫婦
乾徳山登山口
0.9km

6:54

7:27

銀晶水
1.5km

 

8:36

錦晶水
0.4km

 

8:50

国師ケ原
1.0km

 

9:38

扇平
1.1km

 

11:03

乾徳山
0.2km

 

11:44

黒金山分岐
2.0km

 

13:07

国師ケ原
0.3km

 

13:17

錦晶水
1.3km

 

13:57

銀晶水
0.9km

 

14:15

乾徳山登山口
歩行距離
約9.6km
行動時間
約7時間20分
ほかの参老サイト
アーカイブ
現在位置: ホーム登山日記メニュー > 乾徳山