雁ケ腹摺山 がんがはらすりやま (1874m)

雁ケ腹摺山(がんがはらすりやま)とは、面白い山名です。
最初聞いた時は奇妙な名前だなと思いましたが、渡り鳥の雁からついたと聞き、雁の群れが羽を広げ、山すれすれに渡って行く姿を想像すると、なるほどと納得してしまいました。
大菩薩連嶺のひとつで、他に笹子雁ケ腹摺山(1358m)や牛奥ノ雁ケ腹摺山(1985m)もあるが、この山が特に有名なのは「旧500円札に描かれた富士山が撮影された場所」だからです。さすがにお札のモデルの富士山の眺めは最高です。
大峠からのコースだと登山口(1560m)から山頂(1874m)まで1時間程で気軽に登れます。
天気の良い朝の早い時間がお勧めです。
富士山の雪の量も考慮すると、より5百円札に近い富士山に出会えるかも知れませんよ。

(画像はクリックで拡大します)

大峠にて(左は黒岳へ)

駐車場のすぐ横に登山口がある

晩秋の山道には霜が降りていた

分岐を雁ケ腹摺山へ

ススキの山道を進む

雁ケ腹摺山山頂(1874m)

旧500円札の富士山

美しい富士山に感激!

南アルプスの山々(左から間ノ岳、北岳、甲斐駒ケ岳)
下山の途中(晩秋の風景)
データ
2004.11.28
夫婦
大峠
1.1km

雁ケ腹摺山
1.1km

大峠
歩行距離
約2.2km
行動時間
約1時間20分
ほかの参老サイト
アーカイブ
現在位置: ホーム登山日記メニュー > 雁ケ腹摺山