燧ヶ岳 ひうちがたけ (2356m)

東北地方での最高峰の燧ヶ岳を、福島県檜枝岐村の尾瀬御池から目指します。このルートは燧ヶ岳へ北面からアプローチする唯一のコースで、御池駐車場の奥からスタートです。
樹林帯を抜けると池塘(ちとう・・・塘とは土手を意味し、特に湿原内の池の事をさすそうです)の点在する高層湿原の広沢田代。さらに進むと草紅葉のなか、2つの池塘の間を木道が燧ヶ岳に伸びている熊沢田代は、まるでキャンバスの中の世界のようです。
双耳峰の俎ぐら(まないたぐら)と柴安ぐら(しばやすぐら)で景色を堪能したら、尾瀬沼(尾瀬沼は燧ヶ岳の噴火により、只見川がせき止められてできた湖との事)目指して長英新道を下ります。
大江湿原経由で尾瀬沼山峠に、そこからはシャトルバスで尾瀬御池に戻りました。


広沢田代付近から燧ヶ岳を望む

熊沢田代付近から燧ヶ岳を望む

俎ぐら山頂(2346m)

柴安ぐらから見た俎ぐら

燧ヶ岳(柴安ぐら)山頂
(2356m)

ナナカマド

尾瀬沼付近

草紅葉の大江湿原から燧ヶ岳を望む
データ
2002.10.05
夫婦
尾瀬御池
4.1km

 

 

俎ぐら
0.3km

 

 

燧ヶ岳柴安ぐら
0.8km

 

 

シノブチ岳
6.7km

 

 

沼田峠
歩行距離
約11.9km
行動時間
約10時間10分
ほかの参老サイト
アーカイブ
現在位置: ホーム登山日記メニュー > 燧ヶ岳