雨飾山 あまかざりやま (1963.2m)

高校生の息子に「好きな山に連れて行ってあげるよ」と誘ったら、一番に雨飾山を選んだ。理由を聞くと「名前が良い」との事。長野と新潟の県境に位置する雨飾山、自宅を午前12時30分といつもより早めに出発する。圏央道、関越道、北陸自動車道経由で糸魚川icに夜明け前に到着。小谷(おたり)温泉登山口の立派な休憩舎を抜けて、小谷温泉道を登ります。途中の荒菅沢には雪が残り、沢を渡るのが気持ちよい。晴れれば日本海まで望めるという山頂は、三角点のある「北峰」と石仏のある「南峰」の双耳峰でした。


指先にトンボが止まったよ!

夏なのに、沢の水は冷たい

後方に残雪が・・・
山のお花畑

頂上までもうすぐ・・・

雨飾山山頂(1963m)北峰

小谷温泉側登山口の休憩舎
データ
2002.08.04
夫婦と息子
登山口
3.6km

 

 

雨飾山
3.8km

 

 

登山口
歩行距離
約7.4km
行動時間
約4時間30分
ほかの参老サイト
アーカイブ
現在位置: ホーム登山日記メニュー > 雨飾山