マンション管理士

マンション管理士とは?

 ★トラブル解決のコンサルタント

  • 専門的知識をもって、管理組合の運営、建物構造上の技術的問題等マンションの管理に関して、管理組合の管理者等又はマンションの区分所有者等の相談に応じ、助言、指導その他の援助を行うことを業務とし、マンション管理士試験に合格し、マンション管理士として登録することが必要です。

 

試験概要

 ★受験資格

  • 年齢、性別、学歴等に関係なく受験可能。(登録に際し一定の要件を満たす必要あり)

 ★試験日/試験時間

  • 毎年1回、例年11月の最終日曜日/午後1時~午後3時

 ★申込受付

  • 【郵送】例年9月上旬~末頃

 ★試験地

  • 札幌市、仙台市、東京都、名古屋市、大阪市、広島市、福岡市及び那覇市並びにこれらの周辺地域

 ★受験手数料

  • 9,400円

 ★試験内容

  • (1)マンションの管理に関する法令及び実務に関すること
    建物の区分所有等に関する法律、被災区分所有建物の再建等に関する特別措置法、マンションの建替えの円滑化等に関する法律、民法(取引、契約等マンション管理に関するもの)、不動産登記法、マンション標準管理規約、マンション標準管理委託契約書、マンションの管理に関するその他の法律(建築基準法、都市計画法、消防法、住宅の品質確保の促進等に関する法律等) 等
  • (2)管理組合の運営の円滑化に関すること
    管理組合の組織と運営(集会の運営等)、管理組合の業務と役割(役員、理事会の役割等)、管理組合の苦情対応と対策、管理組合の訴訟と判例、管理組合の会計 等
  • (3)マンションの建物及び附属施設の構造及び設備に関すること
    マンションの構造・設備、長期修繕計画、建物・設備の診断、大規模修繕 等
  • (4)マンションの管理の適正化の推進に関する法律に関すること
    マンションの管理の適正化の推進に関する法律、マンション管理適正化指針 等

 ★出題形式

  • 択一式/50問/四肢択一(マークシート方式)

 ★合格者数/受験者数(全国平均合格率)

  • 【平成27年度】 1,260名/14,092名(8.2%) ※合格基準点38点
  • 【平成26年度】 1,260名/14,937名(8.4%) ※合格基準点36点
  • 【平成25年度】 1,265名/15,383名(8.2%) ※合格基準点38点
  • 【平成24年度】 1,498名/16,404名(9.1%) ※合格基準点34点
  • 【平成23年度】 1,587名/17,088名(9.3%) ※合格基準点36点
  • 【平成22年度】 1,524名/17,704名(8.6%) ※合格基準点37点
  • 【平成21年度】 1,444名/19,120名(7.6%) ※合格基準点34点

 ★試験実施団体

 ★問題(5問)の免除

  • 「管理業務主任者」の試験合格者は、「マンション管理士」試験を受験する際に「マンション管理適正化法」に関する問題(5問)が免除されます。

 

法律関係

 ★区分所有法

 ★民法

 ★建築基準法

 ★都市計画法

 ★マンション管理適正化法

 ★その他の法律

 

教科書関係

 ★ユーキャンの講座・・・平成19年7月から講座受験開始

  ・マンション管理適正化法(1)

  ・区分所有法・標準管理規約(2)

  ・マンションの権利に関する法律(3)

  ・マンションの維持管理等に関する法律(4)

  ・管理組合の運営・会計・税務(5)

  ・構造・設備・診断・修繕計画(6)

  ・過去問題集

  ・平成18年度試験問題・解答・解説

  ・厳選 合格問題集150

  ・直前 必須チェック300

  ・合格ビデオ

  ・平成19年度試験問題・解答・解説・・・平成20年にユーキャンから届く

 ★平成20年受験用 楽学 マン管・管理主任者 合格塾・・・住宅新報社

 ★平成22年度版 楽学 マンション管理士・・・住宅新報社

 ★マンション管理士 直前模試 平成22年版・・・住宅新報社

 ★マンション管理士 模擬試験問題集300問 2011年度版・・・三修社

 

受験履歴

 ★平成25年~

  • 充電期間中

 ★平成24年

  • 今年は、過去問に拘ったため、力足りず不合格であった。少し充電期間を作り再挑戦することにした。

 ★平成23年

  • 今年は、受験の勉強方法を工夫(過去問題以外に模擬試験を取り入れる)したが、力足りず不合格であった。来年も基礎から勉強し受験する予定でいます。

 ★平成22年

  • 今年は、管理業務主任者の合格で気持ちが楽になり、マンション管理士のみの受験であったが、やはり現実は厳しく不合格であった。いままで自分として取り組んできた受験対策を更にグレードアップし、平成23年も受験する予定でいます。

 ★平成20年

  • 今年もマンション管理士の受験に挑戦することにした。前年、失敗した経緯で、過去問題を何回も繰り返し解くことで問題を覚えるまでになった。しかし結果は、業務管理主任者、マンション管理士ともに50%であった。管理業務主任者は、自信があったが、答え合わせをすると、間違いだらけで、自己嫌悪に陥る結果になった。

 ★平成19年

  • 7月にユーキャンの資格取得講座に申込み、姉妹講座の管理業務主任者とダブル受験を目標に取り組んだ。しかし、講座の内容を理解するには、受験の科目範囲が広く、ユーキャンの講座による科目試験を解答するだけで、本当の実力には程遠い状況であった。模擬試験をユーキャンに提出し、本試験を受験したのが平成19年11月末、マンション管理士、12月初めにマンション管理士を受験した。結果は、散々で、管理業務主任者が60%、マンション管理士が50%であった。

 

現在位置: ホーム > 資格に挑戦(マンション管理士)